声。



「久保ちゃん。」
 時任にそう呼ばれる度に生き返る。
 呼吸を始めるように。

「久保ちゃん。」
 時任が俺を見てる安心感に包まれる。
 声が聞こえる距離に居る。



 他のダレも呼ばないで。
 俺だけを見て、俺だけを呼んで。
 そのココロ全部で俺を生かして。

 他のダレに呼ばれてもそんな風に感じなかった。
 個を識別する手段じゃない?
 ただ俺というモノがあって、ソレに付いた名詞と言うだけのモノ。
 クボタマコトが俺のコトだと認識はしてたけどね。
 だからってソレで生きた心地にはならなかった。



 君の声が俺を支配し、君が呼ぶ俺の名前で君を繋ぐ。



 だからずっと、
「久保ちゃん。」
 って、言ってて。



...end...

Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

メールフォーム

passward請求にご利用下さい。勿論、ヒトコト頂ければ歓喜で御座います。